皮膚科でのイボの取り方

皮膚科でのイボの取り方

皮膚科でのイボの取り方

皮膚科でのイボの取り方気になるイボが出来てしまったときは病院で治療を受けることもできます。イボには腫瘍性もあるため、念のため病院で診てもらった方が良いかもしれません。

 

一般的なイボの場合は皮膚科で、液体窒素による治療法を受けることができます。液体窒素というと危険なイメージがあるかもしれませんが、イボに液体窒素をつけることで瞬間凍結させます。これによって細胞組織が壊れ、その下にある新しい細胞に生まれ変わらせて再生する仕組みになっています。

 

大体−200℃ほどの冷たさになり、綿棒など細い棒状のものでイボにピンポイントで液体窒素をつけることになります。経過をみて、数週間置きに治療を繰り返し行うことになります。また、イボの状態によっても、治療にかかる時間や費用は異なります

 

液体窒素の治療は痛いイメージがありますが、痛みには個人差があります。我慢できないほど痛いという方と、あまり痛みを感じなかったという方に分かれます。

▲TOPへ戻る